教育の情報発信

教育に関する指導サービス

学校教育の内容に関して、生徒への指導と援助の視点から考察すると、しばしば教科面の学習指導と生活面での生活に関する指導に分けられます。
教科面の教育と教科外での教育という教育の領域において、学習と生活の二つに分けられる事を意味します。
現実的には、学校での教科の指導と教科の以外での指導に分けて、生活に関しては、生徒指導というように置き換えることが多いです。
これまでの教育における子供への援助に関して、生徒指導の側面としての教育に関する相談の活動として捉えられる場合が多くて、主に生活面での援助に焦点が当てられてきたのです。
指導サービスと援助サービスに関して、生徒の学習面と心理面を始めとして、付随している社会面と健康面から捉えることができます。
つまり、学校教育活動に関しては指導サービスと援助サービスの二種類が存在していて、二つのサービスの機能を同時に持っているのです。
重要なのは、学校教育におけるサービスを取り上げて焦点を当てたり、総合的な援助サービスを検討していく事です。
教師自身が援助サービスの担い手と認知していきます。
教育のサービスを提供していって、援助サービスの実践において、指導サービスとの関係を尊重します。
つまり、一人一人の子供のニーズに応じる心理的な援助サービスと学校心理学に焦点を当てることによって、新しい学校教育のシステムを構築していく事が狙いです。
指導サービスとは、子供が成長する上で、社会に必要な能力と知識を獲得できる教育活動の事を定義しています。
つまり、教育に該当する知識や能力に関する指導方法の専門性を持つ人が、持っている知識と能力を伝授する事です。
援助サービスとは、子供が学校生活を通じて、発達する一人前の人間として成長するために生徒として様々な課題に取り組む過程において、遭遇する問題状況の解決をはかる事を目的とした教育活動です。
いずれにしても、子供の意志を尊重しながら援助サービスを加えていきます。